医療秘書コースの内容

女性医療秘書コースを選択すると、医療の知識やスキルのほかに秘書的なマナーを学ぶことになります。医療秘書が行う仕事には、電話の応対や医師の出張の手配など、一般の企業の秘書と共通する内容の仕事もあります。

医療秘書は、医師の業務のスケジュールを確認したり、医師が出席する学会に同行するなどの役割があります。忙しく仕事に追われる医師のサポートをする仕事です。医師が資料を作成する手伝いをしたり、医師の仕事内容を理解する必要があるでしょう。医療秘書コースでは、秘書としての心がまえのようなものも学びます。医療秘書コースは、医療に関する知識と秘書的な業務に関する二つの内容に分かれています。どちらの内容を重視しているかは、医療秘書コースのカリキュラムによって異なります。秘書的な内容を極めたい場合には、「秘書コース」のようなものもあります。

さらに医療秘書コースでは、医療秘書検定試験対策も行っています。医療秘書の資格も、医療事務同様の民間資格ですが、面接を受ける際に資格を取得していた方が有利に働くでしょう。少なくとも、面接を受ける時点で医療秘書というのがどのような仕事であるのか、内容を把握しておく必要があります。