医療事務と医療秘書

医療系お姉さん医療事務医療秘書の仕事内容の違いですが、医療関連施設で働くという点では両者とも一致しています。どちらも、勤め先は医療機関です。医療事務はおもに患者さんと接する仕事であり、医療秘書の方は医師や看護師などの病院スタッフの身近で働く仕事となります。

医療事務は、病院の受付やレセプト作成などのデスクワークが中心になりますが、医療秘書は医師などの指示に従い、外部と連絡を取る必要があります。医療秘書には、コミュニケーションスキルも必要になってくるでしょう。

医療事務は、患者さんと接する時間が多いことから接客業のような側面があります。医療秘書の方は医師の学会などにも同行する必要があり、秘書的な役割の方が強いでしょう。医師の学会の準備を手伝うことなどもあるようです。どちらも国家資格ではありませんけど、医療事務と医療秘書では仕事の内容に大きな違いがあることから、医療事務は未経験でも就職できるものの、医療秘書になるにはそれなりのスキルが必要になります。医療秘書になるには、医療秘書検定試験などの資格を取得する以外に、病院の業務にくわしくなる必要があります。過去に病院勤めの経験などもあった方が、医療秘書として採用される確率は高くなるでしょう。