医療事務と医療秘書

医療系お姉さん医療事務医療秘書の仕事内容の違いですが、医療関連施設で働くという点では両者とも一致しています。どちらも、勤め先は医療機関です。医療事務はおもに患者さんと接する仕事であり、医療秘書の方は医師や看護師などの病院スタッフの身近で働く仕事となります。

医療事務は、病院の受付やレセプト作成などのデスクワークが中心になりますが、医療秘書は医師などの指示に従い、外部と連絡を取る必要があります。医療秘書には、コミュニケーションスキルも必要になってくるでしょう。

医療事務は、患者さんと接する時間が多いことから接客業のような側面があります。医療秘書の方は医師の学会などにも同行する必要があり、秘書的な役割の方が強いでしょう。医師の学会の準備を手伝うことなどもあるようです。どちらも国家資格ではありませんけど、医療事務と医療秘書では仕事の内容に大きな違いがあることから、医療事務は未経験でも就職できるものの、医療秘書になるにはそれなりのスキルが必要になります。医療秘書になるには、医療秘書検定試験などの資格を取得する以外に、病院の業務にくわしくなる必要があります。過去に病院勤めの経験などもあった方が、医療秘書として採用される確率は高くなるでしょう。

医療秘書コースの内容

女性医療秘書コースを選択すると、医療の知識やスキルのほかに秘書的なマナーを学ぶことになります。医療秘書が行う仕事には、電話の応対や医師の出張の手配など、一般の企業の秘書と共通する内容の仕事もあります。

医療秘書は、医師の業務のスケジュールを確認したり、医師が出席する学会に同行するなどの役割があります。忙しく仕事に追われる医師のサポートをする仕事です。医師が資料を作成する手伝いをしたり、医師の仕事内容を理解する必要があるでしょう。医療秘書コースでは、秘書としての心がまえのようなものも学びます。医療秘書コースは、医療に関する知識と秘書的な業務に関する二つの内容に分かれています。どちらの内容を重視しているかは、医療秘書コースのカリキュラムによって異なります。秘書的な内容を極めたい場合には、「秘書コース」のようなものもあります。

さらに医療秘書コースでは、医療秘書検定試験対策も行っています。医療秘書の資格も、医療事務同様の民間資格ですが、面接を受ける際に資格を取得していた方が有利に働くでしょう。少なくとも、面接を受ける時点で医療秘書というのがどのような仕事であるのか、内容を把握しておく必要があります。

医療事務コースの内容

勉強医療事務コースで学べる内容は、医療関連施設などで医療事務として働く上で必要な知識やレセプト作成の基本など、実務に役立つ内容が学べます。レセプトというのは、ドイツ語で「処方箋」という意味です。診療報酬の請求明細書をまとめる仕事であり、医療事務の中で大きなウエイトを占めています。

医療系の仕事には、難解な医学用語も多く使われていますけど、医療事務コースでは、医療に関する専門用語などを一つ一つ丁寧にわかりやすく解説しています。これまで医療係の仕事に就いたことのない方でも、基礎から学習することができます。

さらに、医療事務コースを受講することで、医療事務検定試験対策なども一緒に教わることができます。医療事務は国家資格ではなく、民間の資格です。医療事務系の求人に応募する際に資格は必要ではありません。たとえ未経験でも、採用後に十分な研修があれば応募できる仕事です。しかし、医療系の仕事は多くの医学の知識が必要になるため、病院などで働きながら覚えるのはたいへんです。医療関連施設の面接を受ける際に、医療事務資格の有無を問われることがあります。医療事務の資格を取得していると、就職や転職に有利な場合があるようです。

医療系の専門学校

学校医療系の専門学校では、医療関連の知識やスキルなどを専門的に学ぶことができます。種類の多い医療系の専門学校ですが、今回は、「医療事務コース」や「医療秘書コース」を取り上げてご案内します。

医療事務は、就職に強いと言われている資格です。医療事務の資格を取った後は、医療関連施設の事務職として就職や転職に役立ちます。医療事務の仕事は正社員以外に、アルバイトやパートなど雇用形態が幅広いことから、家事や育児と両立させながら働きたい人、出産や子育て後に再就職を考えている女性などに人気のある資格です。医療事務は病院の受付や会計などのデスクワークが中心となり、それほど体力を必要としないことから、年齢にかかわらず長く働くことのできる仕事と言われています。

医療秘書は、医療事務に比べると聞き慣れない仕事ですが、医療機関で秘書的な業務をすることになります。「医療」とつくと仕事内容がわからなくなりますが、「秘書」の仕事だと思えばだいたいの想像がつくのではないでしょうか。医療秘書は、病院の医師の業務をサポートする仕事です。医療事務と同様に医療の知識やスキルが必要になる仕事ですし、秘書的な気配りやコミュニケーションスキルなども必要になります。

医療事務コースは、多くの習い事系のサイトが扱っていますが、医療秘書コースの場合は専門的な医療系の学校が運営しているコースを選択された方が良いかもしれません。どちらも民間資格ですけど、医療秘書の方が実際に仕事に就いた後の専門性が高くなります。

参考サイト◆http://www.o-hara.ac.jp/senmon/
医療事務・医療秘書コースがある大原学園専門学校です。